投資全般

【QQQかQYLDか】どっちが正解?目的次第?

 この記事では人気の米国ETFである【QQQ】と【QYLD】について、これのどちらを保有するべきかという点について書き連ねます。

 Twitterもフォローしてね!

 SNSではよくこの2銘柄が比較されていますね。両銘柄が指標とする指数は共に【NASDAQ100】であることから、この人気の高さが伺えますね。

さとり
さとり
私は【QQQ】に投資しています!

オススメ情報

kindle unlimitedのお試し登録
投資書籍が読み放題!
2ヶ月無料キャンペーン中です!

はじめに

この問題の結論は至って単純であり【目的による】ということです。

サクッと結論!

【QQQ】に投資するべき人!
  • 【NASDAQ100】がこれからも成長すると思う人
  • 分配金は不要で、資産拡大を狙いたい人
【QYLD】に投資するべき人!
  • 【NASDAQ100】の成長が停滞すると思う人
  • 資産拡大は狙わず、分配金が欲しい人
どちらにも投資するべきでない人!
  • 【NASDAQ100】が今後下落すると思う人
さとり
さとり
相場の上下なんて読めないよ!
ということであれば…

配当金がほしい!
  • 【QYLD】に投資!
配当金はいらない!
  • 【QQQ】に投資!
さとり
さとり
至ってシンプル!

【NASDAQ100】指数について

 【QQQ】と【QYLD】を語るにあっては、大前提としてそれらの指標たる【NASDAQ100】指数を知る必要があります。

NASDAQ100とは…

  • NASDAQに上場する企業のうち
  • 金融セクター所属のものを除いた
  • 時価総額が上位100の企業を
  • 時価総額加重平均で採用したもの

 2021年12月時点においては、ハイテク系の企業が多く採用されています。

さとり
さとり
情報技術セクターの比率が50%を超えています!

【QQQ】の値動きとは?

 【NASDAQ100】にそっくりそのまま連動するETFが【QQQ】です。

そのため【QQQ】の値動きは

【Nasdaq100】が

  • 上昇:【QQQ】も上昇する
  • 下落:【QQQ】も下落する
  • 上昇後に下落:【QQQ】も上昇し、その後下落する
  • 下落後に上昇:【QQQ】も下落し、その後上昇する

となります。

さとり
さとり
そのまんまですね

実際の値動きはこちら

緑が【QQQ】で紫が【NASDAQ100】ですが…

さとり
さとり
ピッタリ重なっています!

 すべては【NASDAQ100】の成長次第ということです。

 また、現在の【QQQ】の年間分配利回りは1%に届きません

 これらのことから、現状の【QQQ】に投資するべきなのは

  • 【NASDAQ100】が今後も成長すると思う人
  • 分配金が必要ない人

 となるのです。

対して【QYLD】は…

 【NASDAQ100】のカバード・コール戦略により利益を狙うものが【QYLD】です。【QQQ】とは利益の構造が根本的に異なります

さとり
さとり
本記事では、カバード・コール戦略の仕組みは説明しません。
簡単に言うと、横ばい相場で利益を狙う戦略です。

 【QYLD】の値動きは【NASDAQ100】の動きに影響はされるものの連動するわけではありません。

【QYLD】の値動きとしては

【Nasdaq100】が

  • 上昇:【QYLD】は上昇しない
  • 下落:【QYLD】も下落する
  • 上昇後に下落:【QYLD】は上昇せずに下落するのみ
  • 下落後に上昇:【QYLD】は下落するのみで上昇せず

 となります。

さとり
さとり
あれ?上がらない…

 カバード・コール戦略の仕組み上【NASDAQ100】の上昇による恩恵を捨てることになるのです。【NASDAQ100】が上下を繰り返す荒れ相場にあっては、【QYLD】は下落一方となります

  • 緑:QYLD
  • 紫:NASDAQ100指数
さとり
さとり
下げはドカン、上げは微細

 【QYLD】が得る利益とは、カバード・コール戦略にて受け取るオプションプレミアムのみとなります。そのオプションプレミアムが【QYLD】の価格に反映されているのです。

QYLDの分配金

 【QYLD】は毎月分配の高配当ETFであり、

  • 得たオプションプレミアムの50%
  • 【QYLD】の基準価格の1%

 これらのうち低い方の数値を分配金として支払います。

さとり
さとり
言い換えれば、毎月の最大利回りは1%ということです。

 とはいえ、安定して単期利回り1%を継続できるわけではありません。

 【QYLD】の分配金の原資、すなわちオプションプレミアムは、指標となる【NASDAQ100】のボラティリティにより決定されます。

さとり
さとり
ボラティリティとは、ものすごく簡単に言うと【相場の荒れ具合】です。

 コロナショック以降の【NASDAQ100】が急上昇を続ける局面では、単期利回りが1%となり、年間利回りが11%を超える超高配当を成し遂げました。

さとり
さとり
ボラティリティが高いためです!

 対してそれ以前の【NASDAQ100】が横ばいもしくは緩やかに上昇している局面では、単期利回りが0.8%に満たない場面も多く存在しています。

さとり
さとり
ボラティリティが低いためです!

 しかしながら、利回りが低くなるとはいえ、完璧な横ばい相場では【QQQ】からの利益は全く得られないことから、そういった環境では超高配当を毎月受け取れる【QYLD】の圧勝となります。

 これらのことから、現状の【QYLD】に投資するべきなのは

  • 【NASDAQ100】の成長が停滞すると思う人
  • 分配金が欲しい人

 となるのです。

【QYLD】利回りの罠に注意!この記事では、高配当株投資家から人気の米国ETF、【QYLD】について紹介します。 【QYLD】は、いわゆる普通のETFではなく、特殊な...

トータルリターンで比較すると?

 2021年12月19日時点、直近5年間での配当込みリターンは

  • QQQ:+226.83%
  • QYLD:+51.05%

 となっています。

 なお【QYLD】にあっては、株価単体だとマイナスになっています。

さとり
さとり
ここしばらく【NASDAQ100】が絶好調だったため【QQQ】に軍配が上がります

 過去実績から分析すると、【QYLD】から分配金として現金を得るのではなく、【QQQ】の値上がり益を取り崩して現金化した方が利益は高かったと言えます。

終わりに

 思いのほか、長くなってしまいました。総合的に踏まえると

【QQQ】に投資するべき人とは
  • 【NASDAQ100】がまだ成長すると思う人
  • 分配金がまだ必要ない人
【QYLD】に投資するべき人とは
  • 【NASDAQ100】の成長が停滞すると思う人
  • 分配金が欲しい人
どちらにも投資するべきでない人とは
  • 【NASDAQ100】が今後下落すると思う人

となります。

さとり
さとり
【NASDAQ100】を中心に見ると…

【NASDAQ100】がまだ成長すると思う人
  • 【QQQ】に投資!
【NASDAQ100】の成長が停滞すると思う人
  • 【QYLD】に投資!
【NASDAQ100】が下落すると思う人
  • どちらにも投資しない!
さとり
さとり
配当金を中心に見ると…

配当金がほしい!
  • 【QYLD】に投資!
配当金はいらない!
  • 【QQQ】に投資!
さとり
さとり
資産拡大を中心に見ると…

資産拡大を優先させる!
  • 【QQQ】に投資!
資産拡大の必要はない!
  • 【QYLD】に投資!
さとり
さとり
となるわけです。

 私の場合、現在は資産拡大を優先しているため、【QQQ】に投資をしています。 

 ETFの特徴を理解し、投資目的に合った方に投資しましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。本当に励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

こちらの記事もあわせてどうぞ
投資全般

自分の投資は、自分でしか決められないもの

2022年10月23日
インカム野郎の長期投資 by さとり
 こんにちは、さとりです。今回は投資スタイルについて。 みなさんは、自身の投資判断において、他人の意見や投資スタイルを参考にしていますか?  私はどうかって?うーん… おすすめ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA