ひとくち記事

【ひとくち】レバレッジのかけ方について

 Twitterもフォローしてね!

 書籍【アセットアロケーションの最適化】によると、レバレッジは【シャープレシオが最大のPF】にかけるべきだとされています。

 シャープレシオが最大のPFとは、最も効率的なPFということです。

 そして理論上最も効率的なPFとは、効率的フロンティア上に存在する接点ポートフォリオとなります。

 では、肝心の接点ポートフォリオとは何かというと【理論上有効な最大限の分散により市場平均βそのものとなったリスク資産+無リスク資産】となります。

 とどのつまり【オルカン(VT)+現金】であり、これすなわち【CAPM】です。

【CAPM】合理的な投資に隠れる落とし穴 この記事では、重要な投資理論「CAPM」について簡単に紹介します。  CAPMとは「Capital Asset Pricing Mo...

 これにレバレッジを掛けることが、理論上最も効率的なレバレッジのかけ方なのです。

 そうですね、2倍レバのオルカンなんてものがあれば、まさにドンピシャに思えますが・・・

 お待ち下さい。同書籍には、このようにも記載されています。

 「レバレッジ型のETFや投資信託は、その特性上長期保有には向かないので、賢明な人は絶対に避けること。

 【3倍レバ】や【レバナス】といった人気商品は、短期での利益を狙うためのものということです。

ここ2年間のレバナスについて この記事では、SNSで大人気の【レバナス】について、実際のところどうなのかをご紹介します。  (直近数年のデータを使用しているので【...

 これらを踏まえると、最も効率的なレバレッジのかけ方とは・・・

 「借金もしくは信用取引にて【VT】を買い、リスクコントロールは【現金】にて行う」

 ということになりますね。

さとり
さとり
あくまで理論上ですが、これが理論です。

 書籍「アセットアロケーションの最適化」ですが、少々高額ながらも、内容は非常に有用なことが書かれています。

 また、2019年に出版されたものであり、比較的新しい情報を元に著作されています。

 長期投資のオトモに、是非いかがでしょうか。
 (ホントにおすすめです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。本当に励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA