MENU
投資全般

【SOXL/レバナス】急騰に乗るか、売り抜けか。

 この記事では、みんな大好き「レバレッジ投資」について紹介します。

 最近は絶好調ですね。

さとり
さとり
私は【SOXL】が好きです

 皆様、色々お悩みのところでしょう。

 堅実に利確するか、覚悟を決めて持ち続けるか。それとも、これから買うか。何をしても後悔しそうな気もするけど、考えもなく先送りにするのもまた愚か。なんとかして天井で売り抜けたいけど、そんな事できないし…

さとり
さとり
さぁ、どうするか…

おすすめ情報

kindle unlimitedのお試し登録
投資書籍が読み放題!
2ヶ月無料キャンペーン中です!

決断のとき

 レバレッジETFのホルダーは決断を迫られています。

 これは【SOXL】の年初来チャートです。

 7月頭に底を打ち「+70%」の大反発を見せています。6月までに買付していた人はまだ含み損だと思いますが、上手に底を捉えた人は爆益中でしょう。

 さて、いろいろな立場がありますが、ホルダーの方々は明日以降どのように立ち回るでしょうか?

  • 損切り
  • 利確
  • ガチホ
  • 買い増し
さとり
さとり
選択は様々です。

 さて、ここでなんの参考になるかわかりませんが、私が今年【SOXL】でどのような売買をしたかをご紹介します。

私のSOXL

 先程のチャートに絵を書きました。

 細かい日付や金額は忘れましたが、タイミング的にはこうです。3月末の売りタイミングは我ながら完璧でした。だいぶ、かなり、すごく確定益がでました。

 今となっては「ここでレバレッジをやめておけば」とも思いますが、当時はそんな気サラサラありません。

さとり
さとり
もうひと儲け狙うわけですよねぇ…

 5月の連休が暇だったこともあり(?)、わちゃわちゃとやっていると…

 なんということでしょう。確定益が消えてなくなりました。なくなるどころか、マイナス側にはみ出る始末です。ちょいと火遊びが過ぎましたねぇ…

 連休を予定だらけにしておけば…(違う)

 現在も損益はマイナスのまま。売り予定のETFで挽回できるかと思いますが、できなければ確定申告にて昨年と損益通算します。そこまで深刻ではありません。

 そんなこんなで、私のレバレッジ投資は結果的に損で終わっているのですが、決して後悔しているわけではありません。

 負けを認めて損切りしたことにより、被害を抑えることに成功したのです。

 そのまま持っていればいつかは…なんて思うこともありますが、私の場合、メンタルや適正の面からも、等倍でのんびりしている方が幸せでした。

 レバレッジのことを悪くは思っていません。利益を出せることは事実ですし、刺激的で楽しいものでもありますから。ただ、引き際をわきまえずに手を出すものではありませんね。

 これが、私が学んだことです。書籍でも見ていたことでしたが、実践して本当にそれが大事なのだなとわかりました。

 この2冊、レバレッジ投資をするなら必読です。

 …とまぁ、これが私の【SOXL】でした。

さとり
さとり
話を戻しましょう

 さて、明日以降どう立ち回るかですが、結局のところ、その人がどう売却ラインを設定しているか次第です。

  • 〇〇まで上がったら売る
  • 〇〇まで下がったら売る
  • +10%で半分、+20%で全部売る
  • 最高値更新まで売らない
  • 〇月の水準に戻るまで売らない

 明確な目標があるなら、それを貫き通すだけです。

 やってはいけないのが「なんとなく買い、なんとなく売る」です。この考えで取引した人ならわかると思いますが、これは損失しか生みません。

 上がったときは「まだ上がるかなー?」で保有し続け、下がったときは「これ以上下がる前に!」で売ってしまうのです。

さとり
さとり
雰囲気と感情に流されてはいけません。

「もしかしたら」は大敵

 売却ルールを定めて売買することは、利益を手にし、資産を守るために重要なことです。ただ、人間とは感情を持つもの。欲望が頭にチラつきます。

  • 利確後にもっと上がったら…
  • 損切り後に反発したら…

 何十回、何百回と売買していれば、そうなることもあるでしょう。

 ただ、そんなものはひとつの経験。「ありゃ〜」で終わらせ、次に進まなければならないのです。

 株式市場は「コツコツドカン」。その「ドカン」を避けるため、「微益撤退」「損切り撤退」をするのです。

 2倍を逃した後悔と、半分になった後悔。どちらが嫌ですか?半分になんかなりたくないですよね。なので回避するのです。

さとり
さとり
逃がした魚は大きい?また釣ればいいでしょう。

 ここで、書籍「デイトレード」の内容を一部紹介します。

  • 逸失利益は、損失よりもマシ
  • ホームランよりもヒット
  • 損切りは破滅から身を守る唯一の手段

 配当金投資とは違い、自分で売るまで終われない投資をするにあたって、これらの意識は本当に重要なものです。

底打ちと信じるが…

 私は米国株が底打ちしたと思っています。とはいえ、未来はわからないのも事実。リスクにまみれ、不透明な株式市場。仮に上がり続けると信じていても、心がけるべきはやはり「コツコツ」でしょう。

 「テンバガー」や「ダブルバガー」といったホームランに憧れてしまいますが、それを目標にしてはいけません。それらは数多くの「ハンバガー?」を踏み台に手にしたものであり、結果的に損益はトントンかそれ以下のことが多いのです。

 目指すべきはヒットです。イチロー選手のような高打率を目標にしましょう。

 私の考えが、皆様の決断の一助になれば幸いです。

さとり
さとり
みんなで爆益!

【SOXX/SOXL】SOXLは本当に3倍の値動き? この記事では、半導体指数に連動する【SOXX】と、それと同じ指数の3倍の値動きを狙う【SOXL】について、これらの値動きを紹介します。...

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今回の記事、参考になりましたか?
よろしければ、下の応援ボタンをポチポチしてくださいませ。本当に励みになります…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA